安心・安全で高度な医療が
広く提供されるために、
病院の施設基準を総合的に管理する
「施設基準管理士®」を育成します。

医療現場の
未来を支える人材を

近年の急激な医療制度改革に伴い、医療現場は大きな変化を迫られています。医療施設においては医療機能や設備、診療体制、安全面、サービス面等の充実が求められていますが、制度が複雑で解釈が難しいことや、担当者の人材育成が困難なこと、院内で相談できる人がいないなど、極めて対応が難しい状況にあります。つまり、各医療機関では健全な病院運営を図るうえで施設基準等の管理者の育成が急務となっている状況があります。

一方、監督省庁である厚生労働省も、監督業務に膨大な労力を投入しています。この労力は、医療機関が適正な施設基準管理を行ってさえいれば本来不要なものであり、施設基準等適時調査、個別指導による返還金の発生は、誰の利益にもならない「無益な戦い」ともいえます。

そこで医療機関、監督省庁の双方の負担を軽減し、安心・安全で高度な医療が国民に提供されるように、施設基準管理等の精度向上を図る新たな資格制度「施設基準管理士」を創設します。